「所有者不明土地に対応する為の法改正等について」の項を作りしました。

前のブログでも述べましたが、現在、全国の所有者が不明の土地(※所有者不明土地)の割合は2割を超え、その面積は九州本島の面積を上回ります。この状況を改善するために、法の整備がすすめられており、順調にゆけば、2023年度から、改正法等が施行される予定です。相続登記の義務化など、一般の方にも影響を与える規定が多数あるので注意が必要です。前のブログでお伝えした通り、この法改正等の中身について、当ホームページに新たに所有者不明土地に対応する為の法改正等について」という項目を作りました。この項の中で各規定(法案等)を説明していますので、ぜひ、ご確認ください下さい。特に、数世代にわたり相続登記をしていない不動産をお持ちの方は要チェックです。

 

※所有者不明土地⇒不動産登記簿や固定資産課税台帳などの台帳によっても、所有者が直ちに判明しないか、判明し特定できたとしても、その所有者に連絡がつかない土地のこと。

所有者が不明の土地に対応するための法改正等について

現在、全国の所有者が不明の土地(※所有者不明土地)の割合は2割を超えており、その面積は九州本島の面積を上回っています。冷静に考えると異常なことですよね。当然、土地の円滑な利用を妨げる原因にもなっています。そこで、このような状況を改善するために、令和3年3月5日、相続登記の義務化などの各種の法案が閣議で決定しました。今後、国会でこの法案に基づく各種改正法等が成立し、順調に進めば、2023年度から、それらの改正法等が施行されることになります。

この法改正等の中身について、当ホームページに新たな項目を作り、詳細な説明をする予定です。相続登記の義務化など、一般の方にも影響を与える規定が多数含まれていますので、新項目をアップしたら、ぜひ、ご覧下さい。


※所有者不明土地⇒不動産登記簿や固定資産課税台帳などの台帳によっても、所有者が直ちに判明しないか、判明し特定できたとしても、その所有者に連絡がつかない土地のこと。


遺産分割協議書や遺言書における不動産の記載方法について

仕事柄、お客様が作成した遺産分割協議書や遺言書をたくさん見ますが、不動産を住所により表記したものをわりと目にします。不動産を住所で表記すると特定性に難があり、相続登記ができない場合もありえます。一般の方にとっては、住所と不動産の所在・地番の違いなど、あまり考えたことはないと思いますが、相続登記においては重要な問題となってきます。その辺を「遺産分割協議書や遺言書の不動産の記載方法」の項に書きましたので、遺産に不動産があり、遺産分割協議書や遺言書を作成するような場合には、ぜひ、参考にしてみてください。

 

遺産分割協議と手紙

今回のブログは遺産分割協議における手紙の効用について書きます。

 

遺産分割協議成立のためには相続人全員の合意が必要です。当然、相続人同士の意思の疎通が必要となります。普段から付き合いがある相続人どうしてあれば問題がないのですが、疎遠であったり、過去のいきさつで仲が悪い相続人もいるでしょう。このような相続人に対しどのようなコミニュケーションの取り方があるでしょうか?

一般的には、電話などが考えられますが、久しく会っていないから電話しづらい、あるいは不仲な状態なので電話したくない、ということも当然ありえます。また、電話番号は知らないけど住所だけは知っている、という状況は多いのではないでしょうか。

 

このような状況下での意思伝達方法としては、古典的な方法ではありますが、手紙があります。遺産分割協議が相続人同士の不仲などで滞っているような場合には、手紙を利用されてみてはいかがでしょうか。

手紙を出しても相手から返信がなかったり、返信があっても、ひどい内容が書かれていたりすることがあるかもしれません。しかし、手紙が遺産分割協議を進めるきっかけになる可能性はあり得ます。また手紙を書くという事は、自分の考えを整理し、相手の立場、状況を考えることにもなり、冷静に物事を考えるきっかけになると思います。

 

遺産分割協議の合意が整うか否かは、各種相続手続きの進捗状況にかなり影響してきます。遺産分割協議が相続人の不仲などで滞っている場合には、その相手に手紙を書いてみるということも、遺産分割協議を進める為の1つの手段ではないでしょうか。

 

※遺産分割協議の種類などについては「遺産分割の種類と協議の進め方・ポイント」の項に詳細な記載があります。興味のある方は、ぜひそちらもお読みください。

 

 

ギター再開

ギター再開

 

コロナ禍の今、なかなか外出もできませんので、高校の時にちょっとやっていた、エレキギターを再開しました。はっきりって下手ですが、やはり楽しいです。指がスムーズに動かず、できそうでできないところがまた楽しいですね。今はネットで弾きたい曲もすぐ見ることができるので便利です。

最近、基礎の教則本をやっと終了したので、今後はブルースギターにチャレンジする予定です。下手なりに、1曲をきちんと弾けるようになりたいです。

 

現在、普通のアンプとヘッドホンアップを使用していますが、周囲への音漏れを考え、ヘッドホンアンプをメインに使い練習しています。本当はアンプのボリュームを上げてガンガン弾きたいですけどね。

 

コロナ禍の今、皆さんも自宅でできる趣味を見つけてみてはいかがでしょうか。

(ウクレレが人気みたいですね)

 

 

本当に、早くコロナが収束するといいですね。

マスク、うがい、手洗い・手消毒、3密を避けるなど、自分もできる事はきっちりやり続けたいと思います。

相続登記と名義変更について

相続登記と名義変更について

 

相続登記とは、相続(被相続人の死亡)を原因としてする「所有権移転登記」、「持分全部移転登記」のことをいいます。この相続登記により、登記簿上の所有者(所有権登記名義人)が、被相続人から相続人に変わります。これゆえに、「名義変更」と言う呼び方をされます。

 

しかし、厳密に言うと「名義変更の登記(登記名義人表示変更登記)」と言うのは住所移転や氏名変更などを原因として、所有者の住所や名前が変わった事を登記簿に載せるためにする「住所変更登記」や「氏名変更登記」などを指します。

 

一般の方は、登記のことを詳しく知っているわけではありませんので、所有者が変わる場合のことを、単に名義変更と言っているのだと思います。

 

わかりやすく言えば、

「相続登記→相続を原因として、所有権等が移転し、登記簿上、所有者等が変わること」

「名義変更登記(登記名義人表示変更登記)→登記簿上の所有者等の住所などが住所移転などにより変わった場合にする、住所変更登記などのこと」

しかし、一般的には、相続や売買などを原因として所有権が移転し、所有者が変わったことなどを「名義変更」と言ったりもする。ということです。

 

※所有者等(所有権等)⇒所有権を有する所有者及び共有持分を有する共有者

 

これで関係性はお分かりになったでしょうか。

一般の方は、そんなに詳しく分けて考えなくても良いと思いますが、相続・相続登記、不動産登記関連の本や記事を読んで、頭が混乱している方は、このブログを参考にしてみてください。

 

 ※相続登記の必要性について述べた、「相続登記は必要?」の項があります。そちらも、ぜひお読みください。

 

 

遺産分割協議書作成のこつ

遺産分割協議書作成のこつ

 

今回は意外とネット等で触れられていない、遺産分割協議書作成のポイントを書きたいと思います。

 

遺産分割協議書には被相続人の表示、相続人の住所・氏名、遺産の表示、その遺産を誰が相続するかなど、明確にわかりやすく書いていきます。

※インターネットなどで遺産分割協議書の書式はすぐ見つけられるので、具体的な書式等はそちらをご参考ください。

 

 

○遺産分割協議書作成の負担を軽減する方法

協議書に書く内容が多い場合、何枚にもわたる協議書にしてそれを綴じたり、あるいは割り印を押印したりする、ということが多いと思います。相続人が多かったりすると、これらの手間は意外と大きな負担となります。

 

そこで、例えば、A4サイズを数枚にして綴じたりするのではなく、A3サイズの 1枚の協議書にして、さらに、各文字を小さくして、行間を詰めます。こうすると、かなりの情報を1枚の協議書に盛り込むことがきます。

A3サイズ1枚の遺産分割協議書は綴じたり、割り印をすることもないので、とても楽です。

 

※ただし、あまりにも文字を小さくしたり、行間を詰めると見にくくなるので、注意してください。

 

また、相続人の氏名は署名として自書しますが、住所については予めプリントしてもかまいませんので、予め住所を協議書にプリントしておくと、住所を書く手間が省けて楽です。

 

 

上記のことは何気ない簡単なことですが、意外とやっている方が少ないので、今回、ブログで書きました。多数の相続人の間で、協議書の原本をやりとりして、署名・押印をする場合などはけっこう手間がかかります。少しでもその負担が軽減するとよいですよね、ぜひご参考ください。

 

遺産分割協議書作成を司法書士に頼むメリットについて書いた、「遺産分割協議書の作成は司法書士にお任せ下さい」という項があります。興味のある方はそちらもお読みください。

相続登記を予定している方は、住民票除票を取得しましょう!


銀行などの金融機関の相続手続きと相続登記の手続きの両方を予定している方は、住民票除票(本籍記載のもの)を取得しておくと手続きがスムーズになります。

 

銀行などの金融機関で相続手続きをする場合、被相続人及び相続人の戸籍、遺言書(遺言書がある場合)、遺産分割協議書(遺産分割協議をした場合)、相続人の印鑑証明書、その他書面が必要となります。

相続登記でも同じような書面が必要となりますが、相続登記をする場合には、被相続人の住民票除票または戸籍の附票も必要となります。

 

※住民票除票には必ず本籍地を記載して下さい。これにより、被相続人の本籍地と住所がつながることになります。

 

お客様がすでに戸籍などの書類一式を取得している場合には、相続登記の為に、その書類一式を持参していただくのですが、この時、住民票除票がないこと多いです。銀行などの相続手続きでは、一般的に、住民票除票は必要とはされていないからです。

 

相続登記用の住民票除票を取るためだけに、再度、役所に行くのはめんどうですよね。

「知っていたら、戸籍取得時に住民票除票も取得したのに・・」と思うのは無理もありません。二度手間ですから。

 

そこで、このブログの趣旨ですが、銀行の相続手続きと相続登記の手続きの両方を予定している方は、戸籍を取る際に、住民票除票もあわせて取得しておくと相続登記までの一連の手続きがスムーズになります。戸籍を取る時にはぜひ、住民票除票も取得して下さい。

 

 

※住民票除票⇒死亡等により住民登録が抹消された住民票。被相続人の死亡時住所を証する。死亡の場合、死亡時の住所地で取得する。

相続登記で使う場合は住民票除票に必ず本籍地を記載してください。

 

※戸籍の附票⇒戸籍に記載されている人の住所の移動履歴が記載されている書面。

 戸籍とリンクしているので、取るのは本籍地がある市区町村。

 

※戸籍・住民票除票等の具体的な取り方は「相続登記に必要な書面」の項をご確認下さい。

東京湾奥河川でマゴチが釣れました

東京湾奥河川でマゴチが釣れました!


この前、自分の釣りのホームグラウンドである、東京湾奥河川に久しぶりに釣りに行きました。その釣行時、なんと、マゴチが釣れました。

(スマホで写真を撮ろうと、もたもたしていたら、逃げられました。ということで写真はありません。ご容赦ください。)

 

河口に近いとはいえ、まさか、東京の河川でマゴチが釣れるとは思っていなかったので、びっくりしました。興味がわき、他のアングラーのブログを見ると、たまに釣れるみたいですね。イメージ的にはサーフで釣れる魚のイメージなのですが、東京の河川でも釣れるのですね。

 

近年、東京ではサワラ、イナダ・ワラサなどの魚はルアーフィッシングの対象としてメジャーになってきています。昔から釣れていたと思うのですが、魚の数も増え、ゲームフィッシングとして成立するようになってきたのだと思います。

 

温暖化の影響でしょうか?ちょっと複雑な気持ちではありますが、いろいろな魚が近くで釣れるようになるのは、アングラーにとって嬉しいことではあります。

 

しかし、やはり温暖化について考える良い機会にはしたいと思います。ここ数年の台風やゲリラ豪雨を見ていると、明らかに昔と何かが変わってきている気がします。温暖化は地球や人類にとってかなり深刻な問題だと思います。

 

 

 

マゴチ⇒カサゴ目コチ科に属する魚で、日本近海に生息するコチの仲間では大型の部類(サーフなどで釣れる大きなものは60センチ位にもなる)。食べても超美味な魚です!

 

サワラ⇒スズキ目・サバ科に属する魚。細長い体の大型肉食魚。成長によるサイズの違いで、サゴシ、ナギ、サワラと呼び名が変わる。西京焼きでも有名なおいしい魚です!

 

ワカシ・イナダ・ワラサ・ブリ⇒出世魚であるブリ(鰤)は成長によるサイズの変化によって、呼び方が変わります。ざっくり言うと小型がワカシ、中型がイナダ、中型〜やや大型がワラサ、大型の成魚がブリ(鰤)という感じです。(各地方により、呼び方とそのサイズについては、ばらつきがあります)

相続法の改正について

平成30年の7月に改正相続法が成立しました。今回の法改正は大規模なものであり、今後の相続に与える影響は計り知れないものがありあます。当ホームページでも、相続法の改正概要遺言書に関する相続法改正詳細配偶者居住権(配偶者長期居住権)、配偶者短期居住権などについて新たに項を設けました。改正相続法に関する情報や知識を得ることはとても重要で有益なことです。当ホームページをご覧の際は、ぜひ、改正相続法に関する情報をご確認ください。特に改正相続法の施行日は各法律により異なりますので、必ずチェックして下さい。

 

相続法の改正、その他相続について、ご不明な点などがありましたらお気軽にご相談下さい。

 

※民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律は、原則として,公布の日から1年以内に施行されます(別途政令で指定する日に施行)。

⇒施行期日は、2019年7月1日と決まりました。⇒改正相続法は原則、2019年7月1日が施行期日ということです。

 

※遺言書の方式緩和については、2019年1月13日から施行されます。

 

※法務局における遺言書の保管等に関する法律(遺言書保管法)の施行期日は、2020年7月10日と決まりました。

 

※配偶者の居住の権利については、公布の日から2年以内に施行されます(別途政令で指定する日に施行)。

⇒施行期日は、2020年4月1日と決まりました。 

 

久しぶりの更新です

 久しぶりにブログを更新します。ということで、「久しぶり」に関連する話を2つほど。先日、久しぶりに仙台で高校時代の友人達と飲みました。友人のM君はある職業の団体の仙台市の会長さんになっていました。

他の友人も社会的な地位や、会社内での地位が高くなり、貫録が増した感じです。「みんないつの間にか偉くなったなあー」というのが正直な感想です。自分は、自営業でもあるし、マイペースで行くつもりです。

 で、釣りの話です。これも先日、久しぶりに渓流に釣りに行きました。渓流のルアーフィッシングですね。新緑の中で、釣りをするのは気持ちいいですね!シーバス(鱸)釣りに比べ、装備が軽量なのがまたよいですね。まさにライトタックルです。とにかくロッド、リール、ルアーが軽い。新緑も気持ちいいし、渓流釣りの魅力再発見です。ホームの奥多摩川は釣り人も多いし、シビアな部分もありますが、その分、きれいな山女魚(やまめ)が釣れた時の喜びもひとしおですね。下にトラウト(鱒類)を川で狙う時のタックルを記しますので、渓流のルアーフィッシングを始めたいと思う方は参考にしてみて下さい。

 

これからは、なるべくまめにブログを更新していきたいですが、期間があいたらご容赦ください。

 

○渓流のルアータックル

ロッド:ダイワ トラウトX 60L   スミス マジカルトラウト5ULP

リール: ダイワ カルディア他

ライン:シルバースレッド イエロー 4LB

※リーダー等は使用せず、スナップスイベルにナイロンライン直結です。

※ルアーの軌道を見る為、視認性の良いカラーラインを使用しています。

 

ルアー:ティファ  ウラン2.8g〜5.5g    スミス  ピュア他

※ティファ社はなくなりましたが、手持ちの在庫を大事に使用しています。  

※ルアーはスプーンがメインで、たまに、スピナーとミノーを使用します。

楽しいです!ルアーフィッシング

IMG_20150304_143621.jpg

 ちょっと固い話が続いたので、今回は、ここ数年来どっぷりはまっている釣りについて書きます。

 以前、友人の司法書士と食事をしながら会話をしている時に、「鎌田さん釣った魚をリリースするんですよね、意味わかんないし、楽しいですか?」と言われました。「釣り好きでない一般の人にはそう見えるのか. . .」なんて思いました。

 リリースに関しては、自分は完全にゲームフィッシングなのでリリースをきっちりとします。無駄な殺生はしたくないですし、リリースすれば、魚の数を減らさずに、ずっと釣り場が持続するという考えもあります。

 「楽しいのですか?」という問いについての答えは、大きく分けると以下の感じになります。(多すぎ?)

 ※下線を引いた単語は下記に意味を記載しましたのでご参考下さい。

 

@ 魚を掛けた時のやり取りや駆け引きが楽しい(ランディングした時の充実感最高!)

A 戦略・タックルを考えるのが楽しい

まず、潮時表、天気等をチェックして、釣行するポイントを選択します。(ウェーディングは潮位が低くないとできないですし、逆に根掛かり多発地帯でも潮位が高ければ釣りは成立します。)でポイントが決まったら、そこに合うロッド、リール、ルアー等をセレクトします。釣行をイメージしつつタックルやルアーを選ぶ作業は楽しいんですよね。だいたいルアーケース3個くらいは持っていきます。

B 自然を感じることが出来る

自分はデイゲームかつオープンスペースでの釣りがメインですので、開けた場所での釣行がほとんどです。晴れた日には対岸の千葉まで見えて気持ちがいいですよ!潮の変化や風の変化、雲の動き、太陽の動きなんかで自然を感じることが出来ます。

C 意外と近い?ところで釣れる

意外と近いところで釣れるのです。自分がよく行く釣り場は、杉並から意外と近く、1時間半位で釣り場に立つことができます。(やっぱり遠いかな. . . 釣り場に近い地元の釣師のブログを見ていると羨ましいですね。圧倒的に釣行回数が違いますから. . . )

D ぼーっとできる

釣りの時は集中しますが(集中しないと釣れないし、危険です)、釣りを休憩している時は、ぼーっとできます。「東京湾と琵琶湖、どっちが大きいのか」など、どうでもよいことを考えたりもします。基本的に司法書士は潜在的紛争性のある仕事が多いので、たまには、ぼーっとしたいですよね。

 

 仕事柄ついきっちりと条項に分け整理してしまいましたが、早く言えば、理屈抜きに面白いということですね。危険やしんどいこともありますが、いいサイズの魚を釣った時は、そういうことも忘れ、単純にうれしいですね!

 

○本格的な釣り好きの方もこのブログを読む可能性があるので、自分のタックルを書きます。

  ・ロッド:ダイワ ラテオ  90L・Q   90ML・Q   96ML・Q 

  ・リール:シマノ エクスセンスCI4+ C3000HGM

        ダイワ カルディア3012H

  ・ライン:バークレー スーパーファイヤーライン 1・2号

  ・リーダー:シーガー プレミアムマックス 25LB

   (牡蠣殻ボトム地帯・根がかり多発地帯に行くことも多いのでラインは太めです)

  ・ルアー:鉄板バイブ6割、プラ製バイブ3割、ミノー1割位の割合でローテーション

      しています(デイゲームメインで、釣行時間も限られていますので、勝負の早い

      鉄板バイブを多用しています)

 

 「一生幸せでいたかったら釣りを覚えなさい」という中国の古いことわざがあります。季節もいいし、連休も間近です。皆さんも釣りを始めてみてはいかがですか!

釣りは奥が深く、楽しいですよー 本当に!

 

タックル⇒釣りの仕掛けの総称。ルアーフィッシングでは、ロッド、リール、ライン、フックその他全てひっくるめてタックルということが多い。 

ウェーディング⇒ウェーダー(胸くらいまである長靴)を履いて海や川に入って釣りをすること。

牡蠣殻ボトム地帯・根がかり多発地帯⇒東京湾にも牡蠣はいます。特に河口付近は牡蠣が群生して、いわゆる牡蠣礁となっている場所もけっこうあります。このような場所は針が底にふれると根がかりする確率が高いので根がかり多発地帯となります。

租税特別措置法による登録免許税軽減措置の延長について(平成27年4月〜)

今回も、お客様からのお問合せが何件かありましたので、平成26年度(平成27年3月末日)で期限が切れた、租税特別措置法第72条等の、平成27年度以降(平成27年4月1日以降)の取扱いについて、ご報告させていただきます。

 

○土地の売買による所有権の移転等の登記ついての登録免許税軽減

 

軽減措置の2年間の延長が決定しました!つまり平成28年度(平成29年3月末日)まで現行と同じ税率ということになります。

 

所有権移転  20/1000 軽減適用⇒  15/1000

 

 

○住宅用家屋証明書添付による登録免許税軽減

 

ある一定の条件をみたした住宅用家屋で、その家屋につき住宅用家屋証明が発行可能で、それを添付して登記申請をした場合の軽減措置について、2年間の延長が決定しました。つまり平成28年度(平成29年3月末日)まで現行と同じ税率ということになります。

 

所有権所存   4/1000 軽減適用⇒ 1.5/1000

所有権移転  20/1000 軽減適用⇒   3/1000

抵当権設定   4/1000 軽減適用⇒   1/1000

 

 

不動産は財産価値の高い物ですので、この軽減適用があるか否かで登録免許税もかなり変わってきます。これで、不動産を購入する場合や新築する場合の総費用等をより具体的に算出することができますね。参考にしてください。

今年の登記は今年のうちに!

                                    平成26年11月19日

  早いもので、もう11月です。2年前にもブログで同様の内容を書きましたが、今回は異なった例、より具体的な例で、早めに登記をすることの効用について述べます。

  固定資産税の納税通知書の名宛人は、その年の1月1日に登記簿上の名義人になっている方です。仮に故人であっても、その方がまだ登記簿上の名義人となっていれば、その方宛に通知書が来ます。通常は故人と同居していたご親族の方が、固定資産税を払うことが多いと思いますが、これも、ちょっと違和感がありますよね。この世にいらっしゃらない方宛に通知が来て、その方の代わりに納税するというのは…

  ということは、今年中に登記をして、来年の1月1日にその相続人様が登記簿上の名義人になれば、来年からは相続人様宛に通知が来ることになります。「今までも税の支払いをしていたのは自分だし、別に、実益は無いな」と思えばそれまでですが、なんとなく違和感をお持ちになっていた方は、登記をしてすっきりしたほうがよいかもしれませんね!

  次は遺産分割の例です。「遺産分割に関する合意もでき、あとは、遺産分割協書を作成し、各相続人がそれに署名押印し、必要書類がそろえば登記が出来る状態にある」とういう場合です。この状態・状況に安心して、「登記は急いでやらなくてもいいや」とお思いになる方は少なからずいらっしゃると思います。

  しかし、この状態・状況は決して、好ましくありません。不安定・不完全な状態・状況と言った方がよいかもしれません。

  遺産分割協議(に基づく登記)は、相続人様全員がその協議内容を完全に理解し、納得したうえで、遺産分割協議書を作成し、相続人様全員がご自身で署名し(記名でも法的には大丈夫ですが、証拠能力という観点から自署が望ましいです)、ご実印を押し、かつ、その協議書に基づいて登記をして、それで本当に安心!という状態になるのです。

  仮に相続人様が複数名いたとして、「ある時期には完全に相続人様全員の合意はあったが、ある時期から相続人様の一人が心変わりをして、協議内容に異を唱え始めた」ということなどは普通にあることです。こうなると、登記完了までたどり着くために長い時間がかかる可能性が生じてきます。例えば、ご親族間の話し合いだけでは協議がまとまらず、家庭裁判所の調停⇒審判分割となったような場合などです。

  このブログやホームページの各項目でも何度もいってきましたが、何の問題や障害もなく、登記が出来る状態・状況であれば早めに登記をした方がよいのです。

  ということで、再び言わせて頂くと、今できる登記は今年のうちに!今できる登記は、先延ばしにしないで、きっちりと今年中に済ませ、登記簿もきっちり・すっきりした形にして、新年をお迎えになったらいかがでしょうか!心から安心して、新年を迎えられると思いますよ!

租税特別措置法による登録免許税軽減の延長

かなり遅くなりましたが、お客様からのお問合せが何件かありましたので、平成24年度(平成25年3月末日)で期限が切れた、租税特別措置法第72条等の、平成25年度以降(平成25年4月1日以降)の取扱いについて、ご報告させていただきます。

 

○土地の売買による所有権の移転等の登記ついての登録免許税軽減

 

軽減措置の2年間の延長が決定しました!つまり平成26年度(平成27年3月末日)まで現行と同じ税率ということになります。

 

所有権移転  20/1000 軽減適用⇒  15/1000

 


○住宅用家屋証明書添付による登録免許税軽減

 

ある一定の条件をみたした住宅用家屋で、その家屋につき住宅用家屋証明が発行可能で、それを添付して登記申請をした場合の軽減措置について、2年間の延長が決定しました。つまり平成26年度(平成27年3月末日)まで現行と同じ税率ということになります。

 

所有権所存   4/1000 軽減適用⇒ 1.5/1000

所有権移転  20/1000 軽減適用⇒   3/1000

抵当権設定   4/1000 軽減適用⇒   1/1000

 

これで、不動産を購入する場合や新築する場合の総費用等をはっきりと算出することができますね。不動産は財産価値の高い物ですので、この軽減適用があるか否かで登録免許税もかなり変わってきます。この軽減措置の延長により、不動産を購入する場合や新築する場合の資金プランを、より具体的に考えることが出来るようになったのではないでしょうか。

忘れている登記はありませんか?

                                     平成24年11月8日

もう、11月になり、平成24年もあと少しとなりました。年末になると、人は、「やれることは今年中にやってしまおう」と考えたりします。年末の大掃除などは今年のことは今年中に片付けて、新年は新たな気持ちで迎えたいという人間の心理の表れなのでしょう。

これを不動産登記にあてはめてみると、いろいろ、やり残していることがあるのではないしょうか?例えば住宅ローンを完済したのに、まだ、抵当権抹消登記をしていないので、登記簿上は抵当権が残ったままであるとか・・・・。また、悲しい出来事ですが、ご親族にご不幸があり相続が開始し、不動産を相続する方は相続人全員の協議で決まったが、遺産分割協議書の作成等もできておらず、相続登記もまだしていないとか・・・・。

不動産登記は、原則、いついつまでにしなければならないというものではありません。しかし、日々、煩雑なことに追われているうちに、ついつい、先延ばしになり、不動産登記が出来る状況にあるのに、結局何年間も登記しないで放置したままの状態になっているという方はかなりいらっしゃるのではないでしょうか。

当事務所のホームページの「不動産登記」の項で記しましたが、不動産登記には対抗力というものがあり、登記をすればその権利(あるいは権利の状況・状態)を誰にでも主張できることになります。例えば、抵当権抹消登記をすれば、すでに住宅ローンを完済し、抵当権は消滅したということを誰にでも主張できることになりますし、相続により所有権を取得した方は、自分が所有者であるということを誰にでも主張できることになるのです。

登記が出来る状況にあるのなら、早めに登記をして、自分の権利を誰にでも主張できる状態にしたほうが当然よいに決まっています。後で、他人から、「この不動産の所有者は私だ」と主張されたり、あるいは、「債務を弁済してもらった事実はない」などと言われないとも限りません。(可能性は低いにせよ、このせちがらい世の中何が起きても不思議ではありません)

「年末の忙しい時期に登記なんて・・・」とお考えの方もいらっしゃると思います。しかし、権利の保全等の見地からは、今、できる登記をきっちりやり、誰にでも権利を主張できる状態にすることは、大掃除よりも重要なことだと思います。

出来る登記は今年のうちに!ということで、今やれる登記は、先延ばしにしないで、きっちりと今年中に済ませ、登記簿もきっちり・すっきりした形にして、新年をお迎えになったらいかがでしょうか!心から安心して、新年を迎えられると思いますよ!

4月から土地の売買を原因とする移転登記の登録免許税率が変わります!

                                        平成24年2月21日 

 土地の売買を原因とする移転登記の登録免許税率は原則1000分の20ですが、租税特別措置法第72条の適用により平成24年2月現在、その税率は1000分の13となっています。しかしこの1000分の13という税率は平成24年3月31日までで、平成24年4月1日からは、1000分の15に変わります。

 例えば土地の評価額が2000万円なら、現時点では2000万×1000分の13=26万円 ということで、登録免許税額は26万円になります。これに対し、平成24年4月1日以降は、2000万×1000分の15=30万円となり、登録免許税額は30万円になります。この例でいえば今年度中に登記するか否かで、4万円の差が生じてきます。

 土地の売買は一生に何度もあることではないので、拙速に決めるようなことではないですが、もうすでに売買契約も終わり、あとは、決済をやり、登記するだけという場合には3月中の登記をおすすめします。

 仮に土地の評価額が高かったり、数筆の土地を売買するような場合は、登録免許税額がかなり違ってきますから。それに、支払う金額が少しでも減ればその分を他の費用にまわすこともできますし。

 やはりこの不景気の時代には、少しでも出費をおさえられればうれしいですからね。

ナイト&デイ

Image091.jpg

                              平成23年12月22日

私はシーバス釣りをしますが、やはり仕事の関係上、休日の昼間に釣りにいくことがほとんどです。シーバス(鱸(すずき))は昼より夜に活発に活動する魚なので、はっきり言うと夜のほうが、確実に釣れます。しかし、夜はゆったりと過ごしたいですし、翌日のことを考えると、どうしても昼に釣りに行くことが多くなってしまいます。本来釣れる時間帯である夜に釣行したりもしたのですが、夜釣りの経験がほとんどないので全く釣れません。釣れる気も全くしません。地元のルアーマン(下記※参照)の方におすすめのルアー(下記※参照)を聞いて、それを使っても全く釣れません。結局夜に釣りに行くことはほとんどなくなりました。
 しかし!本来、昼よりよく釣れ、かつ、大物も釣れる確率が高い夜をみすみす逃す手はありません。人間だれしも、苦手感、あるいは単なる先入観、あるいは、楽をしたいなどの気持ちで、そこを乗り越えれば本当はもっと楽しく、有意義な時間を過ごせるはずなのに、なんか、いまいち閉塞した状況に陥っていることってありますよね。ということで、来年は絶対、夜もシーバスが釣れるように頑張ります!
 仕事にも似た状況はあります。自分の思い込み等で自分の能力をまだ出し切っていない、あるいは出し切るための努力がまだまだ不十分で、能力を伸ばしきれてないとか。来年は釣り同様仕事も、自分で自分に限界など作ったりせずガンガン新たなことにチャレンジしていきたいと思います。

※ルアー⇒疑似餌のことです。プラスチック製や金属製のものなど多種多様のものが存在します。釣りの対象となる魚により、メインとなるルアーは異なってきます。
※ルアーマン⇒ルアーを使って釣りをする人をいいます。よってシーバスルアーマンはルアーを使ってシーバス釣りをする人をいいます。

ライトタックルとは釣り用語で軽微で簡単な仕掛けのことを言います。人生もライトタックルで生きられればいいですね

Image038.jpg記事の見出しにも書きましたが、ライトタックルとはルアーフィッシングでよく使われる言葉で、簡単で軽微なルアー釣りのセッティングのことを言います。たとえば小さな軽いリールに、短めのロッド、ラインも細くて、お気に入りのルアーで自由気ままに釣りをするというイメージです。実際、わたしも、重いものを持って釣り場を移動するのがいやなので、釣行時の装備はいつも簡単なものです。ライトタックルにすると、行動範囲が広くなりますし、思いついたらすぐ釣りに行けます。人生も重いものを引きずって生きるよりは、軽い感じで、ライトタックルで生きたい ということで 「人生はライトタックル」というブログ名にしました。ライトタックルといっても最近の釣り具メーカーのライトタックルの性能は素晴らしく、メバル釣りの仕掛けで、でかシーバス(あの食べておいしい鱸(すずき)のことです)を釣るアングラーもいるくらいです。自分も心身に性能の良いライトタックルを装備して軽やかに人生を歩んでいきたいですね!(現実はさておき..... )

これからは、大好きな釣りのことや、仕事のことを定期的に書いていこうかなと考えています。特に、法律や税などはめまぐるしく変わっていきますので、その辺はきっちり情報を発信していきたいと思います。 

▲このページのトップに戻る